にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 01月 24日

編み込みのセーター

V編み物教室に通い始める少し前に編んだセーター
d0117481_21272178.jpg

地になるブルーの毛糸だけ買って、あとは残り毛糸を使いました。
製図もしていないころ、だいたいこれくらい、と作ったので、袖に難あり。

編み込みの色合いは気に入っていたのに、一度も着たことがありませんでした。
d0117481_21284085.jpg

ってゆうか、
袖の付け方などがいい加減で、やり直さないと許せなくなりました。

編み込みの仕方などはきれいに出来ていると思います。
d0117481_21305214.jpg


今日思い切って、袖をはずし、ほどきました。
毛糸は一度霧吹きで湿気を与え、アイロンで蒸気をしたあと巻きなおしました。
d0117481_21324840.jpg


なんとか仕上げたいと思います。

ところで
先日の紫色のモヘアのセーター、丁度よいサイズだったようです。
d0117481_21353024.jpg


めでたし、めでたし。

by yumiyane | 2009-01-24 21:37 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://knitcafe.exblog.jp/tb/9245376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Miwanosuke at 2009-01-24 23:38 x
素晴らしい!!!!
すごい!なんというプロの仕事なのでしょう!とため息が出てしまいました。
編みあがった写真も素敵で大好きですが、やはり、人が着てセーターの良さが益々よくわかるものだと思いました。洋服も同じです。
また是非見せて下さいね。宜しくお願いします。


Commented by mai-obachan at 2009-01-25 01:26
毛糸での編み物って、編み直しができていいですね。
市販のだとなかなかそうはいかなそう。

おちびちゃんの笑顔、最高!
大きくなったらこのモヘアのセーターもおちびちゃんが着るんでしょうね。


Commented by shinn-lily at 2009-01-25 10:42
教室に通う前からこんな手の込んだ編みこみをやっていたのですね。
行動は大胆だけれど、やることは繊細ですね。
私なら、着れればいいと思ってしますから、編みなおし、考えられない!
こうでなければ先生はできませんね。

近くに良い着手がいて編みがいがありますね。
似合っています。
Commented by yumiyane at 2009-01-25 21:09
:Miwanosukeさん、こんにちは。
よくセーターとか、手作りのものは、着れてなんぼ、と言われます。
編むのは楽しいですが、せっかく出来上がったら、やっぱり着るのが楽しいものにしたいです。
これからも頑張って編みますので、よろしくお願いします。
Commented by yumiyane at 2009-01-25 21:13
:maiさん、よく母は小さくなったセーターや、大人のセーターをほどいて、洗って、子供用に編みなおしていました。
編地は切らなければほどけますからね。
既製品はミシンで縫ってあるときがあるので、それではほどけません。
でもたまに長い袖など、ほどいて縁取りして短くしたりしますよ。
おチビちゃんはもうすぐ3歳、だんだんお姉ちゃんになってきました。
Commented by yumiyane at 2009-01-25 21:16
:shinn-lilyさん、まだまだ繊細とは言えませんよ。頭の中では繊細なものをイメージするのですが、いざ作るとなると、シンプルなものになってしまいます。
実力以上のものを作り始めると、途中で投げ出してしまいますからね。

このモヘアのセーター、ほんとは自分で着たかったのですが、おしりのあたりがもっと余裕のあるはずでしたが、自分のサイズを過小評価していて、嫁のシルエットのほうがイメージしていたとおりだったので、あげちゃいました。ということなんです。


<< 障子張り      フランスのレリーフ >>