2008年 10月 27日

family

今年の春に編んだセーター、もうこんなに着古してくれたようです。
d0117481_23363472.jpg

何回も洗濯したようで、毛足がよれてしまいました。
おてても短くなってしまって、早く次のを編んであげないと、、、。


お散歩に出かけて、赤い大きな枯葉をふたつ見つけました。
誰が教えるのでもなく、
d0117481_23382672.jpg


まだ、保育園にも幼稚園にも行ってないので、お遊戯もしたことないと思うのだけれど、
「うさぎさん、ピョン ピョン」と跳ね回ります。
d0117481_23394378.jpg

絵本では見たことあるし、母親の手作りのぬいぐるみもあって、
大きなお耳は うさぎさん なのでしょうね。

どんどん知恵がついてきます。

紫色の花
赤い実
黄色い枯れ葉


自然にも興味をたくさん持つ子になってね。

by yumiyane | 2008-10-27 23:44 | にっと(knit) | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://knitcafe.exblog.jp/tb/8833220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mai-obachan at 2008-10-28 01:16 x
今、こちらでは袖が短いジャケットとかセーターが流行っていますよ。
こうやって、下から長袖を出してきるのが最新!

愛らしいですね。
丸顔だったのがだんだん面長になってきて、少女の顔になってきましたね。

yumiyaneさんに見守られているので安心して、どんどんぴょんぴょん先に行ってしましましたね!

Commented by shinn-lily at 2008-10-28 18:01
見るたびに大きく可愛らしくなってきますね。
天真爛漫に今のままに、成長して欲しいですね。
成人するまで、何枚のセーターを編んであげられるのかしら?
Commented by yumiyane at 2008-10-28 19:18
:maiさん、こんにちは。
子どもは袖口を汚すから、だいたいが短く作っておいたのです。
そうなんですか、短いのが流行ってるのですね。先取ってる?
大人もということですね。
だんだん知恵が付くっていうか、見守ってくれる、という安心感にあぐらをかいて、どんどん行ってしまうんですよね。車の来るところでなければいいのですが、都会では世田谷あたりでも車の往来が激しいですから、のびのび育てるのは大変です。
Commented by yumiyane at 2008-10-28 19:20
:shinn-lilyさん、だいぶしっかりした顔つきになってきましたでしょ。
口も進んできましたよ。
なんでも自分でしたがって大変ですが、好奇心の芽を摘まないようにしないとね。
いつまで、おばあさんてづくりのセーター着てくれるかな?
Commented by Miwanosuke at 2008-10-28 22:08 x
なんて可愛らしいのでしょう。見ていると、自然と笑顔がこぼれます。

セーターも、とっても素敵!!!
手作りの物って忘れないですよね。
母が作ってくれた洋服や手編みのセーターを、幼稚園に行く前の物でも、今もよく覚えています。

子供の物を街で見かけて、ひかれる物は、辿ってみると、大抵記憶の片隅に残っている懐かしい物と重なったりしています。

yumiyaneさんの愛情をいっぱい肌で感じて育っていくなんて、とても素敵で幸せなことですね。
Commented by yumiyane at 2008-10-28 23:45
:Miwanosukeさん、有難うございます。
私も小さい頃は母の手作りで、たまには既製品が着たいなあと思うくらいでした。
でもそのことは思い出の中ではとても貴重な暖かいものとして残りました。
実際に着ても暖かい、思い出しても暖かい、そんなセーターをみなさんと一緒に編んでいきたいと思っていますよ。
Miwanosukeさんも、パンつくりの合間に手編み、いいと思いますよ。発酵待ってる間とかね。
Commented by Miwanosuke at 2008-10-29 13:40 x
そうですね。編み物はパンの待ち時間にもってこいですね!
実は、編み物にかなり燃えた時期があり、冬になると、いつも何かしら編んでいました。
セーターやカーディガン、ストールなどもたくさん作ったんですよ。
ペアのセーターを着て歩いていたなんて、今考えると、気絶しそうなくらい恥ずかしいです(笑)若かったんだわ。。。

Commented by yumiyane at 2008-10-31 00:23
:Miwanosukeさんもニッターさんなのですね。
ペアのセーター、って誰とでしょう。
愛情があればなんでもできますね。
Commented by Miwanosuke at 2008-10-31 01:32 x
私が頑張って編み物をしていたのは、遙か20年以上も昔です。
洋裁を学び初めてからは、残念ながら毛糸をさわっていません。
あっ!昨年、グラスを洗うスポンジ代わりの物をかぎ針で編んだくらいです。
カウチンセーターやアーガイルなどが流行っていて、夜な夜な自己流で挑戦していました。懐かしい思い出です。

Commented by yumiyane at 2008-10-31 19:25
:Miwanosukeさん、洋裁もなさるんですね。
いろいろ幅が広い!
ほんとに手づくりのものがお好きなんですね。
私もがんばります。


<< マルタのやさしい刺繍      アカンサス >>