にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 08月 11日

Peach メルバ?

お友達からおいしそうな桃が送られてきたので、
d0117481_224455.jpg

snowy-opalさんの
「ピーチメルバ」をつくってみることにしました。

ガムシロップが売り切れになっていたので、グラニュー糖と水を沸かしてつくりました。
そこにレモンを入れ、少し煮ました。
冷蔵庫で半時間冷やして、
お皿に盛り、アイスクリームと ここでopalさんは、フランボワーズと書かれていますが、
私はどちらかというとラズベリーは苦手なので、
チェリーのジャムをかけました。
最初の日は、ストロベリーのジュレがあったのでそれを周りにすこし。
d0117481_2293171.jpg


二日目は、いちごのジュレはやめて、チェリーのジャムのほかに、カシスのシロップをかけました。桃も芯まで冷たくなって、
d0117481_22104033.jpg

これが、おいしいのなんのって、
これはピーチメルバとは別のものになっていると思われますが、
別のものとして大変おいしいです。


お家でピーチメルバを作ろう!

ふううっ やっと出来た!トラックバックさせていただきました。

by yumiyane | 2008-08-11 22:15 | おいしいもの(foods) | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://knitcafe.exblog.jp/tb/8432637
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from play of colour at 2008-08-12 12:15
タイトル : お家でピーチメルバを作ろう!
この時期、ピーチメルバを作るのがすっかり恒例になった我が家ですが、記事もバラバラ、レシピもバラバラに書いてきたので、少し過去記事からまとめてみようと思います。(過去記事と写真、文章、重複しています。) 何回か作ってきた過程で、エスコフィエのオリジナルスタイルを踏襲したいと思いつつ、相当プロセスで手抜きする箇所も増えましたので、これはオパール風に崩したスタイルですので悪しからず。\(_ ) 「材料」 桃:2個(山梨系の白鳳など、あまりふわふわではなく、大ぶりのものがお薦め。) レモンのス...... more
Commented by Miwanosuke at 2008-08-12 08:18 x
すごい!とってもおしゃれで美味しそうです。
暑い夏、ひんやりつるるん!とするお菓子が食べたくなります。
白桃は、好きな果物第1位。生を頂けるこの時期、冷蔵庫にたくさん入れて、毎日欠かさず頂いております。
レシピを掲載された方のブログ、すごく丁寧に解説されているのですね。ピーチメルバ、作ってみたくなりました。
Commented by snowy_opal at 2008-08-12 12:44
TB、記事内ご紹介有難うございます。この桃、たっぷりと大きく瑞々しい感じでメルバに向いてそうですね~。色々ジュレやジャムを試されたのですね。カシスが一番お気に召したのですね。ストレートな甘さより、少し野性味のある果実の方が合いそうですよね。
桃のさっと煮、缶詰と違って、とっても美味しいでしょう?私も、それだけでも大好き!作って頂けて、そして色々トライして頂いて、何より美味しく召し上がっておられたのが嬉しいです(^^)
Commented by shinn-lily at 2008-08-12 15:08
美味しそうな桃ですね。
私ならそのまま頂きますよ。こんな美味しそうにつくれそうもないのでね。
Commented by mai-obachan at 2008-08-12 19:42
これ、甘くて冷たくて、、、夏のデザートにぴったり。
こうやって美味しく食べてもらえると、送り主さんも喜ばれますね。

それにしても、立派なももです!

Commented by yumiyane at 2008-08-12 22:29
Miwanosukeさん、桃は生で食べるのが一番と思っておりましたが、変わりました。
桃の缶詰っておいしいですよね。でもこれはちょっと煮るけど、食べると生がのこっているのですよ。缶詰とは違います。
お菓子作り好きのMiwanosukeさんなら、ちょちょいのチョイですよ。
Commented by yumiyane at 2008-08-12 22:32
opalさん、私も大きな桃をいただいた瞬間、あのピーチメルバを思い出しました。あいにく材料が揃っていなかったので、次の日ピーコックに寄ってみましたが、夜8時過ぎだといろいろ売り切れているんですね。
それでカシスとキャラメルのシロップを買ってきて、いろいろ試すことにしたのです。
ももを煮るともっと色も変わって崩れるのでは、と思いましたが、とんでもなく見た目が新鮮そのものなのには驚きました。しばらく楽しみます。
Commented by yumiyane at 2008-08-12 22:33
shinn-lilyさん、そんなに難しいことではないので、是非だまされた!と思って作ってみてください。
そのままもおいしいですが、個々おいしさに差がありますが、これは等しくおいしいです。
Commented by yumiyane at 2008-08-12 22:57
maiさん、立派でしょう?日本にはこういう立派な果物がたくさんありますね。農家の方が日々研究なさっているんでしょう。
先日行った南イタリアは、結実するのに充分な環境があるので、特に品種改良とかしないようです。それが自然でそれはそれでいいんです。


<< フィオローネ 幻のいちじく      Loggia di Pilat... >>