にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 01月 06日

襟の仕上げは次の日

3日の夜にTBSでローマの物語を放送していました。それを見ながら袖が殆ど編めたので、さきほど袖付けをしました。
d0117481_23573770.jpg

ローマの物語は、スタジオ有りの、ロケありの、再現ドラマ有りの盛りだくさんで、夜6時半から11時ちょい前までの長丁場でした。
d0117481_015594.jpg

再現ドラマは映画仕立てになっていて、最後のテロップを見たらBBCから買ったもののようでした。
不思議だったのは、監修または原作とかが塩野七生さんとなっているのですが、折々彼女のコメントがスチルの写真とまるで電話でもかけているようなしゃべりとなっていたこと。
正月の特番なら、昨年の10月には決まっていたはず。文化功労者として表彰された彼女が、受賞式に日本には帰っていたわけで、そのときにでも絵が撮れなかったのでしょうか、それともこんな長時間の特番ですから、わざわざ台本を持ってイタリアに行っても良かっただろうに、それが不思議な構成となっていました。
d0117481_062044.jpg

それにしても、ときどき挿入される再現ドラマはBBCの作ったテレビ映画のようでした。むしろこれをきちんと見せて欲しかった、と思うのは私だけでしょうか。
稲垣吾郎くんは健闘していましたが、みのさんもローマ入門編初級クラスに引き戻す役、知花くららさんが、さすがに見栄えのするローマ人に変身したりして、存在感を感じさせました。
ローマの滅亡が、内紛とゲルマン民族の侵攻と結んでいましたが、次の日、テレビ朝日の報道ステーションでのローマ特集では、気候の変動と理由付けていました。
どちらもこの教訓を生かしましょうというのがテーマだったらしいです。


編み物のいいところは、こうしてテレビを観ながらでも手が動かせて、セーターが出来上がっていくことです。

by yumiyane | 2008-01-06 00:19 | にっと(knit) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://knitcafe.exblog.jp/tb/6895616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinn-lily at 2008-01-06 21:50
丁寧に編みこんだ作品は見ていて伝わるものがあります。
yumiyaneさんが着るイメージとは繋がらないのですが、繋がらないイメージを造りあげるところが興味深いです。
いつもの服装の好みとは違いますよね。
作品にどんどん違うイメージを繰り広げていって、楽しませてください。
Commented by yumiyane at 2008-01-06 23:56
繋がらないのは写真の撮り方のせいかも、と思って着たところをupしましたので見て下さい。


<< Fantastic な Sen...      Henna  >>