にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 11月 15日

宍道湖の夕暮れ

その日、宍道湖の夕日を見るいいところがある、と友人が連れて行ってくれたのは、湖に突き出したカフェでした。
中国山脈が幾重にも霞んで、遠くに三瓶山が見えます。あの山の向こうに石見銀山があるはずです。
d0117481_22572314.jpg


やがて日が傾くと、黄金色の雲が輝いてきました。
d0117481_2321362.jpg
あいにくの分厚い雲でしたが、神々しい光でした。

d0117481_2384379.jpg

そのカフェは、夕暮れになると鳥が集まってきます。餌がもらえるのを知っているようです。





d0117481_2394872.jpg




来ました、来ました。











陽も程なく落ちていきました。
d0117481_23115648.jpg

また あした

by yumiyane | 2007-11-15 23:17 | 出雲(home town) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://knitcafe.exblog.jp/tb/6574012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinn-lily at 2007-11-16 14:47
いい写真ですね。こういう風景は時と天気と自分の心で見ることができるもの、
宍道湖に行ってもこの風景に出会えるかわかりませんね。
ところでこのあたりのカッフェってどんな風かしら?都会風なのですか?
Commented by snowy_opal at 2007-11-16 22:38
以前、松江、出雲に行ったとき、出雲空港から東京まで帰ってきました。その折、宍道湖の夕景を初めて見たのですが、噂以上の美しさに呆然としたのを思い出しました。いつも、いつも、天気の良い日はこんなに綺麗なものなのでしょうか?本当に美しいですね。お写真もステキ。
あの辺りの海岸を見ていると、陽が射し、陽が洩れいずる様と、どこか大らかさが漂う雰囲気が、神様が降臨した地だというのにふさわしく感じられましたよ。
Commented by yumiyane at 2007-11-17 02:42
shinn-lilyさん、どんなお天気の日でも、宍道湖の表情はそれなりです。本当に、八雲立つ出雲なんですよ。だから、よく弁当忘れても傘忘れるな、と昔の人が言ったとか。
カフェの情報載せました。
Commented by yumiyane at 2007-11-17 02:55
snowy_opalさん、地理的なせいもあって、西に沈む夕日鑑賞は日常でした。宍道湖だけではなく、日本海に沈む夕日も美しいですよ。
季節はあまり問いませんが、出雲大社なら、一度は神有月にいらしてみてください。今年は11月20日から26日のようです。毎年違うので、神事があるときを調べて行くといいと思います。
Commented by e-sagan at 2007-11-18 19:19 x
ふるさと出雲の記憶をたどるとき、僕には秋から冬にかけての夕暮れの空には特別のものがあります。黒々と厚い雲の間から洩れる夕焼けの光芒がまるで神殿の列柱のように輝いて少年の日の僕を威圧するような・・・、半世紀の時を超えてそんな記憶を呼び覚ましてくれる今日の写真でした。
Commented by yumiyane at 2007-11-18 23:44
e-saganさん、そうですか、そんな風に捉えていただけて良かったです。
山陰地方と言われて育った土地のせいでしょうか、私も秋から冬にかけての木枯らしが吹く頃が一番季節的にぞくっとするんです。何か原体験があるんでしょうね。



<< 松江というところ      Portugal Series... >>