にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 02月 03日

毛糸のパンツ編みました

東京に住む友達が腰痛に悩み、脊椎官なんとかいう診断がついて、冷えるのが良くないということで毛糸のパンツのリクエストがありました。
いくつかの希望を取り入れて、ズボンの製図をちゃんとして、こういうのが出来ました。
d0117481_20591738.jpg

このあと一目ゴム編み止めをして、ウエスト部分に細いゴムを縫い込みました。
彼女が8日にはNYへ向かうということで、それに間に合えばいいなと急ピッチで編みました。上手に暖めてくれるといいなあ。

NYと言えばアメリカ合衆国の新大統領は何をやっているのでしょうか。
1月31日にNHKBS1で放送された「“強欲時代”のスーパースタードナルド・トランプ1980s~1990s」を観ました。1991年アメリカThe Press and the Public Project制作
大統領選に勝利する以前からNYの不動産王であり、マスコミの寵児だったトランプ氏。アメリカ・メディアを賑わせていた1980年代から90年代にかけての彼の言動を検証し、番組完成当時はトランプ氏サイドからの圧力でお蔵入りになっていた番組が、四半世紀ぶりに復活。
裕福な不動産業者の子息であるトランプ氏は、マンハッタンのデベロッパーとして大成功。自信たっぷりの振る舞いと、暴言の数々はメディアを喜ばせ、一躍アメリカン・ドリームを体現するセレブとなった。番組では、不動産を買収する際の法律すれすれの手法や、ハッタリや恫喝(どうかつ)も辞さないビジネス・スタイルを紹介。

当時の彼は今よりもっと細くて可愛い顔をしていますが、やることは胡散臭いことばかり。古い建物を買収してNY一とかアメリカ一とか世界一の何かを作りたがりました。古い建物を取り壊すときには、安い労働力を得るため多くの移民を集めた業者に発注をしたり。ここのところは今の移民政策と正反対なこと。25年以上前に作られたこの番組ではケチョンケチョン。このあと、去年大統領選に立候補するまでの彼はどんなビジネスを展開して、顔や身体に付いた贅肉を蓄えたのでしょう!?
ESTA・・・・
2009年1月12日より、日本を含むビザ免除プログラム対象国の市民は、米国に観光や商用目的で90日以内の短期滞在をする場合、ESTAによりビザ免除プログラムの申請および認証が必要となっています。
この「ビザ免除の対象者」は、ビザ免除の一方で、ESTA(電子渡航認証システム)を通して申請を行い、電子渡航認証を得ることが義務付けられています。アメリカの安全基準を遵守するため、ESTAの申請は必須です。
とあって、例えばアメリカへ入国したい日本人は事前に申請して渡航三日前までに承認を得なければなりません。費用は$14、代行業者に頼むともっと取られます。有効期限は2年間。
これが出来た時、随分だなあと思ったものです。2001年の911以降、アメリカはどうやって入国者を管理していくかというのは大きな課題だったのでしょう。
今回の入国禁止の7か国
イラク・イラン・リビア・ソマリア・スーダン・イエメンの90日間、それにシリアの例外を除いた人の無期限
これは何を意味するんでしょうね。90日間とはおよそ3か月。3か月経つと自動延長になるんでしょうか。
トランプの部下たちはこのことをどう理解しているのでしょう。よく分かりませんね。
世界中の人の動きは、数百年前に比べたら圧倒的に多く、国境が無くなっています。飛行機にしろ船にしろ、世界中の人が物があっちに行ったりこっちに行ったり。もう“我が国”というナショナリティを特定できる国は、国交を閉ざしている(と思える)北朝鮮くらいなものかな。
アメリカは北朝鮮になりたいとでも思っているのでしょうか。いやトランプは、ですね。

毛糸のパンツが北朝鮮まで飛んでしまいました。

2月1日に放送されたBS世界のドキュメンタリー「すべての政府はウソをつく」前編、大手メディアが報道しないニュースを伝える独立系ジャーナリストの記事だったようですが、見逃してしまいました。あー後編も終わってしまった。トランプ大統領誕生の深層・・・とありましたから。再放送あるかな。

追記:3月2日と3日に再放送があるらしい

毛糸のパンツ:出来上がって送ったら
早速、ピッタリだったよ~!と写真が送られてきました。
d0117481_14344294.jpg

毛糸のパンツ
ありだわ!

by yumiyane | 2017-02-03 22:49 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://knitcafe.exblog.jp/tb/23819623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2017-02-04 07:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yumiyane at 2017-02-06 23:35
:鍵コメpさん、こんにちは〜お久しぶりです。
この頃は更新もままならなくて。コメント有難うございます。
アメリカではこの選挙運動辺りからフェークニュースというものが増えているそうですよ。嘘のニュースを平気で流して、信じる方が悪いと。ネットをむやみに信じてはいけないとは言われていますが、そこまでとはね!
皆さん気をつけましょう。
Commented by kanafr at 2017-02-10 02:56
焚火小屋のじいのところで、yumiyaneさん作のスヌードなのかな?見ました。
とっても似合っていて、編み方がとっても素敵でした。
シリアの問題は、もう大変な問題です。今までも路上で生活している人は多かったですが、最近よちよち歩きの小さい子まで一緒のシリア難民の札を持った路上生活の方が増えています。
ドキュメンタリーでは、アサド政権に反対し投獄されてしまった方達の映像が流れ、もう信じられない位の劣悪な環境で別人と思う位やせ細っています。
本当にこれから世界は、どうなっていくんでしょう。
トランプのせいで宗教戦争にでもなったら、歯止めがきかなくなるかもしれませんね。
Commented by yumiyane at 2017-02-11 14:47
:kanafrさん、こんにちは。
スヌードご覧になったのですね。
こちらも編みあがったらすぐお渡ししました。何しろまたまた雪が降って寒い日が続いていますからね。
フランスはたくさんの難民を引き受けていますね。ドイツもイタリアも大変だと思います。アメリカみたいに他の国が難民を断ったら、中東の難民は大変な思いをすることになります。そもそも中東の民族問題をいい加減に掻き回したのは欧米の先進国です。難民を断るなら原因を根絶するために何が出来るか、その責任があることを忘れてはいけないはずです。日本はまだまだ対岸の火事ですが、フランスもパリで暮らしていると実感ですよね。


<< 雪景色      海辺の図書館へおいでよ~童話で... >>