にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 02月 29日

心に通じる 道

息子のために、ガンジー編みのセーターを編み始めました。
d0117481_12483.jpg

巨漢(横幅だけ)になっている息子は、胸囲が120センチもあるというのです。
d0117481_122266.jpg

そんなでかいセーターは編んだことがありません。
まるで毛布でも編むかのような目の数。
それでも出来あがりが自分でも楽しみになってくるやさしい手触りです。

今年の冬は寒さを実感します。
聞けば、今夜も雪が降るらしいです。

先日一緒に新地に行ったhee3hee3さんのブログで、衝撃的な記事を読みました。

まさか、と思う現実が、まだまだ東北のあちこちにあるのではないか。
もうじき1年を迎えるのに、この1年をずっとそんな状況で過ごされた方がいらっしゃる。
早く見つけてあげてください。

暖かい部屋で、おいしいものが食べられますように。


先日、開高 健さんの料理人の方の番組をみたときの あるフレーズ

心に通じる道は 胃を通る


古い中国のことわざ だそうです。

by yumiyane | 2012-02-29 01:02 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://knitcafe.exblog.jp/tb/15501774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tammys04 at 2012-02-29 04:06
中国の古いことわざ、ぐっと来ます。特に衝撃的な現実を知った後では。あれから間もなく1年になろうとしているのに、まだある過酷な現実たち。言葉がありません。
一日も早く、一人でも多くの人がこういう現状から助け出されますように、誰かに発見してもらえますように。

それにしても息子さん120センチってご立派なお体で。。。(苦笑)。編みがいがありますね。がんばってください~。
Commented by yumiyane at 2012-02-29 14:04
:tammys04さん、こんにちは。
このことば、広い意味が込められてますよね。
食事をするとき、作る時、いろいろ心がけようと思いましたよ。

被災したことを恥ずかしいと思っておられるようです。そんなばかな、と思いますが、
役場が機能しなくなったところもあるでしょうから、他にもそんな方がいらっしゃるのでしょうか。
みんなで声をあげて、行政に動いてもらいたいですね。

はい、息子の体重は大変なことになっています。
Commented by kanafr at 2012-03-01 00:41
自分から「何とかしてほしい」と声を上げられる人は、まだいいですが、気後れしたり、最初から「多分ダメなんじゃないか」と諦めてしまう人、本当は大変なのに「まだ自分のところは家があるから、そんな事言っちゃいけないかもしれない」と、思う人もいますよね。
行政の人達に動いてもらいたいと思いますが、声を出してきた人への対応だけで一杯一杯なんでしょう。
車で巡回しながら「大変な時は自分で抱え込まずに声を出して」という放送はできないもんですかねえ。
Commented by こすもす at 2012-03-01 14:50 x
hee3hee3さんのブログ*読ませていただきました。
声を出せず耐える人たちの日々・・・。
心して考えたいと思います。

息子さんへのセーター*優しい手触りにほのぼのじわ~**
Commented by yumiyane at 2012-03-01 22:35
:kanafrさん、こんにちは。
そうですね。日本人にはそういうところがあるのでしょうか。
被害に遭って不自由な生活になったということが恥ずかしいことだなんて。あまりにも謙虚すぎます。
他にも不自由な思いをしていらっしゃる人がいるかもしれない、と行政の人は思いやっていただきたいですね。
Commented by yumiyane at 2012-03-01 22:37
:こすもすさん、こんにちは。
いろいろ考えさせれますよね。
今日被災地の方とメールしましたが、3月11日が来ることを憂鬱に思っていらっしゃいます。
世間が騒いでまた思い出さねばならない。そっとしておいて欲しいそうです。そうですよね。

はい、この毛糸、アルパカなのでとても柔らかいんですよ。柔らかすぎて、模様がうまく出ません。やれやれ


<< 編み物 女子      2歳の男の子 >>