2012年 01月 25日

かぎ針編みのモチーフを使って

リッチモアのパーセントという毛糸。
ひざかけとか、クリスマスボールとかの残り糸を使ってモチーフを編みました。
d0117481_0201544.jpg

もうじき誕生日のチビKちゃんに何か作ろうと思っています。
d0117481_0204292.jpg

さて、
これが何になるか?
d0117481_0584020.jpg



そんな中
年の初めにと、各国でトップが念書の施政方針演説を行っていますね。
昨日の野田さんの演説にはまたまたがっかりしました。
かつて首相だった自民党の福田さんの演説を引用していたんです。あなたたちも同じこと言ってたでしょ、って。同じとこ向いてんだから、ちゃんと協力してよ、ってことでしょう。
自分たちが野党だったころ、全く耳を貸さなくて、何も決まらない状況が続いて、そして政権が交代してしまったこと、私たちは忘れていませんよ。
福島原発の事故については、先ごろ発した収束宣言に批判が集中したためか、“決して終わっていません、昨年末のステップ2完了は、廃炉に至るまで長く続く工程の一里塚にすぎません”といいました。

そして、一番がっかりしたのは電力エネルギーに関すること
経済への影響、環境保護、安全保障などを複眼的に眺める視点が必要・・・・ 
化石燃料が高騰する中で、足元の電力需給の逼迫を回避しながら、温室効果ガスの排出を削減し、中長期的に原子力への依存度を最大限に低減させる、という極めて複雑な方程式・・・・


首相の一日、で見られる、経済界との接触の多さから、こういうことになるんじゃないかと思っていましたよ。

日本の貿易収支が久々に赤字に転じたのは、東日本大震災による原発依存が減って、化石燃料の輸入が増したからというのもあるのだそうです。
円高で輸出が伸びなかったこと、工場が被災して生産が追いつかなかったことなども原因でしょう。
そして、食料の自給率の低さ。
なんとしても、脱原発の動きを変えないようにしたいと、ひたすら思います。
生活を変えなきゃ。





オバマ大統領の、一般教書演説。
――――富裕層への増税を実現する決意を示したうえで、
「一握りの人が豊かになり、大部分の人々が苦しむ国になるのか、それとも誰もが公平な機会を与えられ、公平な負担を担う社会を取り戻すのか、アメリカの価値観が問われている」と述べ、国民の大半を占める中間層の努力が公平に報われる社会の実現を目指す方針を打ち出しました。そのうえで、国内の雇用を守るため、海外に拠点を移転する企業への課税を強化する方針を打ち出したほか、住宅ローンを抱えている人の負担を減らすため、今よりも低い金利のローンに借り換えることができる制度を提案するなど、中間層の支援につながる政策を打ち出しました。
NHKニュースより。

オバマさんは、4年前のあの感激からは少しがっかり度が増していましたが、演説はやっぱり引きつけられますね。

by yumiyane | 2012-01-25 23:50 | にっと(knit) | Trackback
トラックバックURL : http://knitcafe.exblog.jp/tb/15328813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 編む男子      ネックから編むプルオーバー 完成 >>