2011年 08月 02日

久しぶりのニット ネタ

桜新町の編み物教室の生徒さん、A子さんとは不思議な出会いでした。
渋谷のカフェでニットカフェをやっている、という情報を得て行って見ましたが、そのときは叶わず、
しかし、そのお陰でA子さんにお会いできました。
d0117481_0531725.jpg

私のにっと&かふぇに参加したい、ということでご一緒することになりました。
その最初の作品 ニットクラッチ です。 ↑ の裏側が ↓
d0117481_0532764.jpg


初めての棒針、しかもアラン模様。果敢に挑戦していただきました。
デザイン、皮を使うのも彼女のアイディアです。内側にはちゃんと布で袋が作ってあって、内ポケットもついていますし、磁石のホックも付けました。
d0117481_0533691.jpg

若い方の発想はとても自由で、作りたいものがセーターに留まりません。なので、こちらもとても勉強になります。

グレート茶の組み合わせがとても素敵です。
次は何に挑戦かな?


私は、といえば

紫陽花色のニットのブランケットは、予定の幅が出来たので、写真を撮ってみました。
d0117481_054658.jpg

どうしても夜の明かりの下でしか写真が撮れないので、ある朝 住まいの屋上に上がって撮りましたが、あいにくの曇り空。

紫陽花色だったのが、季節が変わったので少し濃い赤に変えたら、雰囲気も微妙に変化してしまいました。
それに、一段ごとに色を変えたのは、糸のかけかえが面倒だったし、2段同じ色でも良かったかなと少し反省。あとは縁取りを編むかどうか、を考え中です。当然編むべきですよね。

次の日の朝、室内で。こっちのほうが実物の色に近いかな。
d0117481_7483966.jpg

毛糸100%の糸は、少し前の夏には過酷でしたが、なでしこジャパンの実況をみながらのときは、随分はかどりましたよ。BSで観たので、結果が分かっていたから安心でしたけどね。
d0117481_7493745.jpg

このごろはテレビを見るのもはばかられます。なんだか憂鬱になることが多くてね。
昨夜の地震も、揺れたあとにスイッチを点けました。おかげで緊急地震速報を聞かなくて済みましたね。これってあり?なんですが、どうもあの速報の信号音がいやなのですね。
d0117481_750621.jpg


昨日の東京新聞の朝刊の一面、筆洗というコラムに
「七万人が自宅を離れてさまよっている時に 国会はいったい何をやっているのですか」
という書き出しで、先日厚生労働委員会の参考人招致で話された
東大先端科学技術研究センター教授、東大アイソトープ総合センター長の児玉龍彦教授のことについて書かれていました。
この参考人招致での彼の発言は、junkoさんのところですでに観ていて、
専門家としての彼の知識と、実直な怒りは、現在の福島のみならず、東日本のひいては日本の置かれている現状を専門的な立場から述べていらっしゃいます。
彼の怒りを聞くにつけ、なるほどそういうことなんだ、と腑に落ちるどころか、どうしてこんなことになってしまったのか、とのため息もでてきました。
どうか、ひとりでも多くの方にこの児玉教授の発言を聞いてもらって、現状を理解していただきたいと思います。彼の発言は、junkoさんのところで、文字で読むこともできます。



by yumiyane | 2011-08-02 00:56 | にっと(knit) | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://knitcafe.exblog.jp/tb/14253038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cocomerita at 2011-08-02 19:13
Ciao yumiyaneさん
彼の言葉を「エキセントリックな男の..」と思う人がいたら、そっちのがどっかおかしいから、診てもらった方がいいでしょう...

東京新聞っていいよね
Commented by yumiyane at 2011-08-02 20:54
:うわーjunkoさん、
書かれちゃった。
先の福島のお母さんが訴える姿を見て、そう言うふうに言う人がいたので、児玉教授の怒りをそういう風にとらえてほしくないと思って書いたのだけど、やっぱり失礼だなと思って削除しちゃったのです。
そのあとでコメント読んだので、今さら追筆するのもなんなので、そのままにしました。
教授の怒りが、国会でなされたこと、ほんとにそこに居た人だけじゃなく、全員に心して欲しいです。
この発言の記事はほとんど取り上げられていないそうですね。東京新聞にはそのような規制がなくて良かったです。
Commented at 2011-08-02 22:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sfarina at 2011-08-02 23:13
夏にニットってなかなかご縁がないですが、
色使いによっては 清涼感ありますね^^

私も全然知らなかったです。
リンク先で文字に起こしていただいてありがとうございます、
そして紹介していただいてありがとうございます。
日曜日のTVで 日常の放射線量はローマの方が関東のホットスポットよりも高いなんていうのを見て 私たちは騒ぎすぎなのかなって思っていたところでしたが‥本当に現状は
厳しいですね。
そして国会、本当に一体何やってるのでしょうか。
歯がゆいし、なさけないです。
Commented by hisako-baaba at 2011-08-03 16:09
東京新聞には書かれたのですか、他で話題にならないのがふしぎでした。

ニット何時どれを見てもステキ。色使いも。

出雲の国、伝説も民話も多い国,あこがれます。
焚き火小屋にも行かれて良かったですね。ステキな方々に会って、ステキな風景を見て、博物館に寄って,良い旅をなさいましたね。ふるさとは良いですね。
ふるさとが目黒じゃあつまりません。
Commented by ぐらんまさん at 2011-08-03 21:47 x
居合わせなくても生の声が聞けるていいですね。TVで児玉龍彦先生の緊迫した意見を取り上げコメントしていました。で、取り逃がしていた私・・・ありがとう。
そうなんです子供達を守るのは私達です。ごまめの歯軋りで済ませたくないのに・・・どうしたらいいのかしら?悩みます。
Commented by yumiyane at 2011-08-03 23:32
:鍵コメすさん、いえいえこちらこそ長電話久しぶりでした。
今度スカイプにしましょう。電話代かかりませんからね。
モンゴルに核廃棄物ですか、中国ですかそれは。また大きなお金がうごくんでしょうか。目先のお金に惑わされないように、人の命がかかっていますからね。
Commented by yumiyane at 2011-08-03 23:36
:sfarinaさん、そうなんです、夏でもウール100%に挑戦していますよ。
しかもクーラーなしの扇風機です。手に汗握るってこういうことかと、涙。
ローマの方が放射線量が高い、という噂も、junkoさんのところのコメント欄で、書いていらっしゃる方がいたので、是非そちらも読んでみてください。
人の解釈って、いいほうにいいほうにするようになっているんですね。そこから真実をどれだけ拾い上げるかはこちらの姿勢にもよるように思いますね。
Commented by yumiyane at 2011-08-03 23:42
:hisako-baabaさん、
東京新聞のコラムに「国会はいったい何を・・・・」という文字を見つけた時は良かった!と思いました。少しでも多くの方にこういうことは知っておいてもらいたいですから。
hisakoさんからもいろいろ情報いただいています。
ニット、色の冒険をしたつもりが、いつもの色ばかりでした。
じいさんにお会いしてきました。hisakoさんのお名前もでましたよ。
ふるさと出雲を気に入ってもらえて嬉しかったです。
ひさこさんもいつかいらしてくださると嬉しいな。

Commented by yumiyane at 2011-08-03 23:46
:ぐらんまさん、
ごまめの歯軋りっていう言い方があるとは知らなかった。
私も、これを聞いた時、本当のことを知った、ということと、よくぞ怒ってくださった、と思いました。
私がローマで独りではじめたわけ さんのところで署名を募っていらっしゃいますので、よろしかったら行ってみてください。
Commented at 2011-08-03 23:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yumiyane at 2011-08-04 16:22
:鍵コメbさん、こんにちは。
そうなんですよ~、初めてでも大丈夫です。
むしろ初めてのときに、手のかかるものをやったほうが達成感がありますよね。
島根も原発があるんですよ。日本海の美しい海岸線に。
もう一刻も早く止めてほしいです。
いつかそんな日、きっとありますね。お待ちしていますからね。
Commented by mayumi-roma at 2011-08-05 00:17
yumiyaneさんも時を同じくして書かれていたんですね。
私も最初は動画を貼るつもりはなくて(けっこう貼られていたブロガーさんも多かったし)・・
だけど、知らない方は本当に多かったので貼ってよかったと思います。

ローマの日常の放射線は、3月中旬の時点で、東京の3倍でした。
これは、イタリア大使館がイタリアから呼んだ専門家に測ってもらっていますから、本当のことです。
でも、だから安心ってことじゃないんですよね。
下水汚泥や土壌、水、食物の問題がありますから。
何も煽る必要はないけれど、安心というのとは違うと思います。
原発の問題がなんとか進展しないことには、被災地の復興に力がはいりませんよね。
落ち込むこともありますが、私は希望を持っていますよ。
Commented at 2011-08-05 08:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yumiyane at 2011-08-05 22:25
:mayumi-romaさん、こんにちは。パリからですか~?
mayumiさんて、一見?ハイソな有閑マダムって雰囲気ですが、きちんと社会や政治への関心も持っているし、意見も述べられる下地もおありですね。だからファンの方もきっとそんな女性としても人間としても厚みのあるところに惹かれるのだろうから、どんどん意見書いてくださいね。
私はのんびりゆったりを心情としますから、あははは。
ローマの放射線量のこと、そういうことなんですね。まあ地球の核にはいろいろな鉱物が含まれている訳だから、その一部に放射線をたくさんもつ鉱物があっても不思議ではないですからね。しかし2000年以上前から、大理石だとか花崗岩だとか掘り返して、頬ずりしながら暮らしてきた訳ですから、人間が順応しているのでしょうね。そういう意味では日本は木と紙の文化だから、あまり放射能に対しては抵抗力がないのでしょうねえ。
Commented by yumiyane at 2011-08-05 22:30
:鍵コメkさん、こんにちは。
そうなんです、ついこのあいだ、1時間半ちょっと長電話をしまして、あーでもないこーでもないって。で、鍵コメさんの話になって、その方がご自分の体験ですごくいいものを知って、鍵コメさんにも勧めたいということでした。
体調は人それぞれで、それぞれに解決する方法があると思われますが、理にかなったことなら、試してみる価値はありますね。
他人事ではなく、私も同じで、寄る年波には勝てないところがありますが、体調管理はストレスを溜めない、これに尽きますね。
Commented by miriyun at 2011-08-06 22:11
児玉教授の新聞も大勢の人の目に触れていいけれど、動画の力大きいですね。本当にこうまで間違っている状態を怒りも込めながらきちんと論理的に訴えている。
 こういうことこそが知りたかったという人は多いと思います。
やはり大勢の人に伝えていかなくては・・・、と思います。
Commented by yumiyane at 2011-08-07 00:10
:miriyunさん、こんにちは。
この動画、何度も削除されたらしいですね。だれがするんでしょう。
私も最初観た時は衝撃でした。すごく腑に落ちたのですが、つぎにすごいため息が出ました。
なんでこんなことになるんだろう!って。
少しづつ広がって、やがて大きなうねりになる、ようにしなくてはですね。


<< 偶然は必然 箱根      松江観光 その3 >>