にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 04月 10日

お花見 樹林公園

今日は、大泉学園で編み物教室でした。

絶好のお花見になると思われるので、
と集合時間を1時間半繰り上げ、
お弁当持参で桜の下で編み物教室
ということになっていました。
d0117481_2345593.jpg



お一人不参加でしたが、
みんなでお花見を楽しみました。

やっぱり、いいねえ お花見は。
d0117481_23385665.jpg


お弁当は持ち寄りで、ちらし寿司、お稲荷さん、おにぎり に スペアリブ、かぼちゃサラダ、玉子焼き、おまめ、お漬け物にフルーツ。デザートにクッキーや玉子なんとかというおいしいお菓子、などなど。

ひとしきり胃を満たした後、空を見上げて 桜を楽しみました。

公園は春爛漫でした。
あけびの可愛い花が咲いていました。
d0117481_2354291.jpg

ぼけ
d0117481_23544484.jpg

クリスマスローズは、
d0117481_23583924.jpg
下を向いたお花がみんな大きな種をはらんでいましたよ。

少し寒くなってきたので、おうちに帰りました。

優等生のW屋さんは、きちんと作品を仕上げてみえました。
エポーレットスリーブという、肩のはぎ合わせが少し変わったお袖にチャレンジしました。
d0117481_0250100.jpg

みんなで、どうなってるの?って覗き込んでいます。

しっかり模様が編み込まれているので、とても暖かいカーディガン。
d0117481_07177.jpg

これからの季節には、コート代わりになるわね、と。
とってもしっかり編めています。

写真を撮るのを忘れてしまったけど、
ポテ子さんは、変わり糸で編んだポンチョを仕上げました。
K代ちゃんは、緑の石をレース糸で囲んだ夏用の帯どめを仕上げたチャレンジャー。
N子さんは、フード付きのベストが、あとちょっとというところで糸がなくなり、お預けでした。

地震後初めてお会いする方が殆ど、
みんな無事で良かった。

やっと気持ちに余裕が出来たのか、それとも桜やいろんなお花が綺麗に咲いて、
私たちを外に連れ出してくれたのかな。

by yumiyane | 2011-04-10 23:15 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://knitcafe.exblog.jp/tb/13355668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinn-lily at 2011-04-11 11:09
皆様のお顔もほころんでいますね。
我が家ドライブスルーのお花見でした。
Commented by yumiyane at 2011-04-11 22:45
:shinn-lilyさん、
ドライブスルー、それもありですね。ずっと桜並木が続くところは、車を運転しながらでも幸せな気分になれますね。
大泉学園も、駅からずーっと桜が咲いています。バスに乗っていくとなかなかの眺めなんですよ。
Commented by uransuzu at 2011-04-15 09:25
いいですね・・・素敵な笑顔の方ばかり・・・
それに小さなお客様も・・・
サクラだけではなく・・・いろんなお花を楽しまれたのですね・・・
しっかり編まれたセーターは・・・きっと一生の宝物になりますね。
Commented by yumiyane at 2011-04-16 23:01
:uransuzuさん、こんにちは。
東京にいらっしゃいますか?
今朝も揺れましたね。
このひとつきずっとこの状況、それでもお花見はするし編み物教室もやります。
みんな元気だったことを確認できてよかったです。お花見もお弁当も楽しみました。
小さなお客さまの母は、お産のためしばらくお休みしていましたが、これを機会に復帰。今度は子ども服にチャレンジ、楽しみが増えました。
Commented by miriyun at 2011-04-17 17:36
いろんな世代でお花見、いいですね~!
今年は娘婿さんもいるしお花見でもと思っていたのですが、
原発問題で気落ちして何も動けませんでした。
ちゃんとやっていらっしゃるyumiyaneさん、いろいろなほうめんでうごいていらっしゃる様子を見させていただいて励みになりました。
こういうときこそ、元気を出さなくちゃ!
Commented by yumiyane at 2011-04-17 23:03
:miriyunさん、もうそんなに大きなお嬢さんがいらっしゃるのですか。
ご結婚なさったのですね、あの絵を描かれたお嬢さんですか、それとももっと上の方かな。
原発の問題は、どう考えてももうちょっと何とかならなかったのかとはがゆい思いです。
福島の方々のことを思うと、地震の傷跡と放射能によって奪われた生活。原発の恩恵を受けていようがいまいが、誰かこの生活を予想することができる人がいたのでしょうか。いたかもしれません、そのことが悔しいのです。クリーンで安全だって、一人以上の誰かはこの危険を想像したに違いないのに、それにこだわらなった、そのことが悔しいのですね。
はい、元気出していきましょうね。


<< 帽子      夜の桜 渋谷 >>