2011年 01月 18日

若い人の感覚

ついこの間まで、
私だって若い、と思っていました。
気持ちの持ちようだってね。
特に“感覚”とか“センス”とかは、 年とは関係ない~! って。

d0117481_00593.jpg

月曜日に、中学生の息子に襟巻を編みたい!と友人が相談に来ました。
そのとき彼女のしていたマフラー、
恵比寿かどこかのセレクトショップで見つけたというそれは、長くて重たいものでしたが、
とってもインスパイアーされるものがあって、
手元にあった4種類の糸を使って、一気に編みあげました。
d0117481_062240.jpg

こんな風に、いろんな糸を4本どりで編んで、分厚いマフラーを思いつかなかったなあ。
だって、首の回りでごわごわして やじゃないのかなあ?
d0117481_05465.jpg


でも、思いついたら矢も楯もたまらない。←これどういう意味だろう?

これもまた、裏編みと表編みのみ、
直系10mmの輪針でざくざく編んで、
最初二目で編み始め10目まで増やしたら表編み3段、裏編み1段 を続けて
幅12センチ長さ150センチのマフラーが出来あがりました。

糸は、ドログリーのベージュと紫のモヘア―、Rowanの太めのベージュ系にグレーやホワイトが混じってる糸、それにフェアアイルのベストを編んだときの残り糸、計4種類を使いました。
d0117481_033442.jpg

房の長さも、大人の感覚とは違います。
d0117481_065481.jpg

この房に、布のリボンが巻きつけてあって、お店のタグが付いていたので、
d0117481_072972.jpg

私も、グログランリボンにネームを入れて、巻きつけてみたいと思います。

このマフラーは、3月にお出かけするところに、お土産にするつもりです。
きっと似合うと思う。

by yumiyane | 2011-01-18 23:55 | にっと(knit) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://knitcafe.exblog.jp/tb/12719969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ank-nefertiti at 2011-01-19 00:50
yumiyaneさん、こんばんは^^
このマフラー、素敵ですね!
若い人のセンス、ときにびっくり!ときにやるわね~!です。

下の記事のウフッツィ、私もえ???でした。
ヴァザーリの回廊を歩いているのをみて、「ずるい!」とすら思いました。
ええ、私、心が狭いんですよ>苦笑

サン・マルコの院長がサヴォナローラだった、ということ、辻さんの作品と塩野さんの作品で知っていました。
昨年、やっとサン・マルコへ行けて、そこにあるあの有名なサヴォナローラの像と肖像画を見ました。
非常にまじめな修道僧だったのだろうな、と思いましたが、とても芸術に理解があるようには思えませんでした。
彼によって焼かれたたくさんの書籍とルネサンスの絵画、そして画風がまるで変わってしまったボッティチェリ、などに思いをはせてなんとも言えない気持ちでした。
Commented by hisako-baaba at 2011-01-19 01:11
素早いこと、編みたくなったら、たちまち編んでしまわれる、凄いですね。
4本取りで、太い編み棒で・・・素晴らしいですね。4本取りなんて、思いも寄りませんでした。
Commented by tammys04 at 2011-01-19 02:34
すごいです、その行動力。。。まるで在りし日の母を見ているようです^^
私もその行動力、見習わないと!です~。
感覚やセンスは年齢には関係ないと思います。私はまだちょっと若いかもしれませんが(誰と比べて?苦笑)そういった感性は持ち合わせてないんでそれがずっと長年の悩みです。努力してなせるものじゃないんですもの・・・言い訳でしょうか?^^;
Commented by yumiyane at 2011-01-19 21:23
:ank-nefertitiさん
そうでしたね、ヴァザーリの回廊、普段は入れないですものね。もうちょっとわくわくして欲しかったですね。
シニョーリア広場でしたっけ、火あぶりにされるの、昔は残酷なことしていました。日本でも同じようなことたくさんありました。
人を罰したりする尺度とか、凡例が少なかったからでしょうか。

若い人の感覚、ときどきはっとするものがありますね。右へならえではなく、如何に自分を主張するか、って大切な表現ですものね。
Commented by yumiyane at 2011-01-19 21:26
:hisako-baabaさん、
これはほんとに思い立ったらすぐ出来ました。針も糸も手元にありましたから。針が太くて早いこと早いこと。宿題のフェアアイルと真逆ですからね。
そうでしょ、私も4本どりなんて考えつかなかったので、ゴツンとやられたような気がしました。
Commented by yumiyane at 2011-01-19 21:31
:tammy04さん、
在りし日のお母様はそうだったのですか。うちの母もそうでした。昔の人はよく頑張りましたね。
センスを磨くって、出来ると思いますよ。たとえばフィレンツェに居る、ということもいい環境だと思います。
私の方法は、真似ることです。若い頃は絶対真似るなんていやだったけど、語学を学ぶときに、真似ることだと割り切ったら、いろんなこと進みました。たとえば雑誌の切り抜き、あれは真似る準備ですよね。
私の本棚には、ELLEの切り抜きがたくさんファイルに入れてあってときどき眺めてため息ついてます、笑。
Commented at 2011-01-20 08:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yumiyane at 2011-01-20 22:26
:鍵コメすーじーさん、
勿論鍵で構いませんよ。
そうなんですね、学ぶ→真似る。学ぶことは真似ることから始まるんですね。
模写、とても勉強になるんですね、構図とか色遣いとか。
切り抜き、していらっしゃるのですね。雑誌など取っておきたいものがあまりに多くて、ページをはずして取っています。それもたくさんになったので、最近は雑誌を買うこともしてない!
このマフラー簡単ですから、もう少しちゃんとした編み図書きますね。


<< 早春の和光樹林公園      花の気持ち >>