にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 04月 24日

ぐるりと編むカーディガン

桜新町の桜は今が盛りです。
d0117481_18362567.jpg

柔らかい、薄いピンクの紙が重なったような八重桜。もう間もなく風に舞っていくでしょう。

今日は、太陽がたくさんあたったので、ベランダの花たちも元気になりました。
今度こそは、これは花?かなあ。
d0117481_18394664.jpg

去年、花だと思ってたら、葉だったこの木。
d0117481_18413560.jpg

黒檀か、丸葉車輪梅か、の瀬戸際。鳥が運んできた種がついた植物です。

やっと一輪、アイスバーグの蕾が膨らみました。教わったとおりに古い葉っぱや下に向いた
d0117481_18435410.jpg

枝を剪定してあげました。

この曇天が続いた中でも、オリーブの蕾がたくさんついています。
d0117481_18453839.jpg

今年は、他株から受粉させてあげようと思います。

お花の終わったブルーベリー、このまま実になってくれますように!
d0117481_18483240.jpg


ラズベリーはもう花の蕾がたくさん付き始めました。そういえばこれをもらった6月にはたくさん実が付いていましたからね。
d0117481_1851353.jpg

それでも、まだ寒さが残っていて、毛糸に触れたくなります。
そこで、
下田直子さんの、かんたんニットの本を買いましたので、早速1枚とりかかりました。
d0117481_18295780.jpg


身頃をぐるりと編んで、袖を二つ筒にして、身頃と袖をくっつけて、襟の方に減目していく丸ヨークの編み方です。
色やストライプを入れたりしても、全編その編み方のみの本となっています。

私がよく見る外国のニッターさんは、首周りからだんだん下に編んでいく、ネックから編む、というのが主流です。
袖の長さとか、裾の長さとかが調整できるので、それはアリだと思って見ていますが、今回は下から編む方法です。
d0117481_18581379.jpg

以前いただいた毛糸がそのままになっていて、なんとかそれを形にしたいと思いました。
編み地を、表編みにするか
d0117481_1902776.jpg

裏編みにするか
d0117481_1904995.jpg

それが問題だ。

by yumiyane | 2010-04-24 19:03 | にっと(knit) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://knitcafe.exblog.jp/tb/11004979
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hanamamann at 2010-04-24 22:53
やっぱりそちらは暖かいようです。
我が家のオリーブにはまだ蕾が見つかりません。
八重桜、綺麗ですね。
Commented by kanafr at 2010-04-25 05:14
こちらの桜は八重桜が多いんですが、もっとピンクの色が濃い感じです。
可愛いって言えば可愛いんですが、ちょっとくどい感じです。
元気がない時にみると、うざい感じがします。
やはり日本の色は優しいですねえ。八重桜もほんのりピンクで癒されます。
“かんたんニット”の表紙にあるニットを見ると袖は別袖じゃないんですね。この形好きだなあ。
他の海外在住者の方も言っていましたが、桜の季節は日本が恋しくなりますねえ。
Commented by yumiyane at 2010-04-25 15:05
:hanamamannさん、こんにちは。そうですか、やはり40kmくらい南ですからね。
でも、植物には朝日があたるほうがいいんだそうです。うちは西日ですから、日照時間は長いんですけどね。
Commented by yumiyane at 2010-04-25 15:10
:kanafrさん、フランスの桜は、実をつけるので、八重のピンクの濃いのですね。
桜新町の桜も、もっと濃いのもたくさんあります。あの濃いのは樹があまり大きくならないような気がするんですが。
この薄いピンクの八重は、花が満開になると、黄緑の葉っぱも出て来て、ピンクと緑のコントラストがとっても綺麗で、ほんと癒されますね。
この形のセーターは、肩が丸くって着やすいんです、スタイリッシュではないですが、温かみのあるデザインだと思います。
今年は桜の花が長く楽しめました。来年はいらっしゃればいいのに。


<< 久しぶりのフレンチ      KANKAN のカーテン >>