にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 02月 06日

dignity(品位) ということ

K子さんは、イスラムの織物展でパレスチナの刺繍を求めたときに初めてお会いしました。
その後、日比谷公園のグローバルフェスタや、目白のパレスチナ子どものキャンペーンでもお話する機会がありましたが、半月ほど前「マフラーを編みたい」と連絡がありました。

編み針を持つのは全くの初めて、ということ。市販のものになかなか欲しいものが無くて、自分で作ってみたいと思われたそうです。

ドログリーで求めたのはモヘア2色。全く初めてでも、糸はいいものにしてくださいね、という私の希望通りです。

彼女は、マイケル・ジャクソン世代。MJの曲ならイントロでみんな分かってしまいます。
丁度BADやThrillerをBGMにかけていたので、今さらながらマイケルの偉大さを二人で語り合いました。
彼女の言う「マイケルは神様からの贈り物」、ということを「This is it」で実感しただけに、成功した人に群がるヤカラに腹が立ちます。
朝青竜の引退問題も
いったい品格のある相撲をわざわざ国技館まで誰が観に行くのか?
という意見は一致しました。
品格に問題があるのなら、相撲協会が一丸となって彼に満足のいく品格をつけさせる努力をするのが、相撲ファンに対する責任じゃないの?部屋の親方だけの責任じゃないでしょ。

とかなんとか、ぶつぶつ言いながら仕上げました。
左手が思うように動かないということで、アメリカ式の編み方を教えました。
実のところ、最初はどうなることかと思いましたが、
d0117481_2361611.jpg


考えていたのとは幾分異なる作品にはなったようですが、彼女の持ち前のセンスの良さで、なんとかスタイルが決まりました。
d0117481_23265431.jpg

ここにリボンを付ければなんとかなるわ、と鏡を見る目が真剣です。

初めての手編みのマフラー。色合いも素敵です。
d0117481_2375885.jpg


一人また一人、編み物を好きになってくれる人が増えるのは嬉しいことです。
彼女はもう次の糸を買っていました。

ところで、
品格って品位に格が付くってことでしょうか。
だいたい品に格を付けること自体、品がないと思えるのです。

by yumiyane | 2010-02-06 23:25 | にっと(knit) | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://knitcafe.exblog.jp/tb/10743443
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinn-lily at 2010-02-07 11:53
今広辞苑を引っ張り出してしらべたのですが、品位と品格は同じ意味で使われているようです。品格の格は人格の格なのでしょう。
品位・・・人に自然にそなわっている人格的価値。品。品格。
ということは教えてみにつくものではなく、自然にそなわるという意味では朝青龍には品位は無理な要求だったのかもしれませんね。
すみません、理屈っぽくて、一応国文科出身なもので(笑)
Commented by miki3998 at 2010-02-07 15:05
 こんにちは、K子さんのマフラー、お色がとっても素敵、私も大好きな組み合わせです。 お首のリボンもアクセントになっていて、オリジナル感いっぱいですね。 どれくらいのお時間で完成するのでしょう。 しばらく編み物から遠ざかっているので、私はよそのかたの倍以上もかかりそうですが、ハマるとやめられない性質なんです。

 今朝、このブログにお邪魔した後、息子と品位と品格について話してみました。 shinn-lilyさんのおっしゃるとおり、教わってすぐに身につくものでもないような・・・。 国文科出身ではありませんが、興味がわいた話題です。 ちなみに息子は 品格にはプライド的な匂いが感じられ、威厳や風格という言葉も思い浮かべるとか、品位は生まれながらのもの・育ちに加えて、教養やしつけも上質な人のもの・・・に思えるなあ・・・でした。いずれも今回の事件(?)には 言葉自体、独り歩きしているような感想を持ちました。  
Commented at 2010-02-07 15:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by anjuli at 2010-02-07 18:48
とってもおしゃれで素敵なマフラーですね^^ あったかそうだし。お写真で見てるだけもK子さんの雰囲気にぴったりですね♪ 初めての作品とは思えないです。

品格・・・。難しいですね。私は自分に対して、そこまで考える余裕がないです。ひとはとても、悲しくなるくらい弱いいきもので。その弱さとむかいあっていくことが精一杯な状況です。 品格をもとめるって、価値観のおしつけになるわけで・・・ほんとうに難しい問題でしたね。
しかしながら、私は朝青竜の師匠、今でも朝潮ってよんじゃうけど、大好きです。あのあっけらかん感が好き。モンゴルでの「お肌ツルツルになっちゃった。」発言のときは、たまらなく愛すべきひとだな~とおもいました。
朝青竜も赤ちゃんみたいな笑顔が好きです。今回の件は事情はわからないけど、朝青竜は頭のいい人だから、今後もいい人生を送ってほしいな~とおもいます。
Commented by yumiyane at 2010-02-07 22:31
:shinn-lilyさん、まあ品位というのも品のくらいということですから、格とは同じでしょうね。
品というのはしなとも同じ言葉なので、品物または性質の良し悪しで、欠品とかいう言葉があるから、とりあえずいい品、いい性質ということでしょう。
私が言いたかったのは、部屋だけの問題ではなかったということ。日本の相撲にとって、いろんな問題が山積しているこの時期に、自分の部屋の力士でなくてよかった、みたいな他人事のような事柄ではないのではないか、ということを強く感じました。
Commented by yumiyane at 2010-02-07 22:38
:mikiさん、息子さんたちとお話できてよかったですね。こういう時事について子どもたちと話ができるのは幸せですよ。
“鍵”について、どうぞどうぞ。差支えませんよ。

mikiさんも編み物なさいませんか、と言いたいですが、とってもお忙しそうだから、無理じいしませんよ。ただ、ぼーっとしてるとき、指を動かしていても、時間がたつと何センチか出来あがってるのは、貧乏性の私には嬉しいことなんです。

息子さんの言葉の感想、すごくいい解釈をなさっていますね。感受性が豊かに育っていらっしゃると思います。
Commented by yumiyane at 2010-02-07 22:46
:anjuliさん、きれいな色でしょう。彼女の雰囲気にぴったりです。
でも、ほんとに初めてだったので、いろいろハプニングが起きているんです。最初のデザインと全く異なっているわけですが、そこはそれ、臨機応変?に生きて来た彼女の工夫で、それなりに素敵な巻物になりました。

朝青竜の問題は、彼の資質が現れる場面を見ると、あらあらとか全く!とか思いますが、じゃあ国技館に誰を見に行くか、というと彼ですよね。
そんな力士を品ということであっさり切って、そんな人いなくてもやっていける、って言いきる不遜に少し腹が立ちました。
日本の若いアスリートが、相撲の世界で頑張っていきたい!と思える角界になって欲しいです。
Commented by kanafr at 2010-02-08 03:00
朝青龍のお相撲を見たことがないのでよくわからないんですが、正直いって国技と言いながら、何故こんなに外国人が多いのか不思議でした。
勿論日本人で相撲取りになりたい若者がいない事に原因があるのはわかるのですが、ま、とりあえず勝ってくれればいいから、形さえ覚えてくれればいいから、横綱になったらお金もバンバン入るよーなんていってで外国の若い子達を引っ張ってきたんじゃないかって思います。
最初から彼らに勝つこと=国技館に人が呼べる→儲かるだけで、品格なんか求めていなかったんじゃないでしょうか?
同じ日本人だって外国で育てば自分の息子を見たって??ですよ。
まして十分自分の考えが持ててる16歳から日本に来て、勝てだけ教えてきた癖に何が今更品格かって思いますすし、そういう事言う人の品格をかえって疑っちゃいますね。
Commented by yumiyane at 2010-02-09 00:29
:kanafrさん、フランスでは日本の大相撲はなかなか見れないのでしょうか。時差もありますからニュースでしか見れないかもしれませんね。
外国人力士の問題は、もう許すとか許さないとかの問題ではないくらい多いです。だから、部屋の管理だけでなく、協会全体で取り組まなければならない問題だと思います。
今度貴乃花が理事になりましたが、おじさん、おじいさんたちに負けないで、相撲の人気を取り戻して欲しいです。
小さいころテレビが無くて、ラジオに向かって手を合わせ、若乃花が勝つようにお祈りしていたこと思い出します。
愛子さまも朝青竜のファンだそうですから、きっとがっかりなさっていることでしょう。
Commented by k子 at 2010-02-10 00:00 x
品格、で盛り上がってますね。
ちょっと暗くなりますが、日本人は、単純に戦えない民族なのではないかしら?先の大戦でも、神風を信じる精神的土壌があるということですよね。
ところで、私のショール、やっぱり変です、使いにくいし、可愛くないです。
30目で始めたのに、60目以上になるなんて????。ガーター編みなのに。
Commented by yumiyane at 2010-02-10 00:32
:K子さん、こんにちは。
使いにくいのは困りますね。編み直しますか?それなら早いうちがいいです。モヘアがフェルト状にならないうちにね。やっぱり長方形に編んで、真ん中にリボンを通すという最初のデザインにしませんか?
先日、長曾我部元親の話を読んでいて、戦国の武士達って大変だったんだなって思いました。意に感じたり、義理で命を落とさねばならなかったのですから。男の世界って分からないです。相撲の世界も女人禁制だからね。


<< Blueの三角ストール      忘れ物 >>