にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 10月 08日

悪いくせ

いやあ、すごい風が吹き荒れましたね。
世田谷でも、朝はゴウゴウと音をたてていろんなものを吹き飛ばしていました。
被害が僅少であることを祈ります。


朝、ベランダの鉢を片付けているときに、赤いものを見つけました。
d0117481_13434227.jpg

どんどん小さな白い花が咲いて、このところお天気が悪かったので、赤くなるのかと心配していました。
d0117481_13453047.jpg

これが全部赤くなったらうれしいなあ!今日は台風が行ったあとだから、たくさん陽を浴びてね。

息子が小さい頃、少年ジャンプを見ながら声をあげて笑っています。
雑誌の縁に小コーナーがあって、そこのオチのない話

ぼくはいままで、台風一過は、台風一家だと思っていました

さらに笑っています。
ぼくはこれまで、汚職事件は、お食事券だと思っていました。

この息子はマンガを見てよく笑います。映画をみてよく泣きます。
20代の初めごろ、「タイタニック」を彼女と見に行って、30分過ぎたころから泣きはじめ、彼女が引いた、という逸話があります。

その息子が、“そういうとこ、似たかもしれない” と言いました。

d0117481_1352349.jpg

三角ストールを編みはじめて、ああこれでもうあと一玉編んだら出来上がりね。

というころ、次のマフラーに取り掛かりました。
d0117481_13532586.jpg


そのマフラーもあと50センチ編めば終わりだ、というころ、
d0117481_13543267.jpg

さらに、次のを編みはじめてしまったのです。

編みものをなさる方は、きっと
“よくある、よくある” と言っていただけるでしょう。

とにかく3つ以上、11月の終わりまでに仕上げますから。

by yumiyane | 2009-10-08 13:56 | にっと(knit) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://knitcafe.exblog.jp/tb/10315625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by anjuli at 2009-10-09 22:34
yumiyaneさんの息子さんと同じこと思ってました^^ 「台風いっか」はドボチョン一家(昔放送してたアメリカのアニメです)みたいなものだと思って、完全に擬人化してるものだと思ってました。 お食事券と汚職事件は、ドラマ「トリック」のネタになっていて、私の笑いのツボにはまって、今でも時々、思い出し笑いしてます^^

どちらの作品もきれいな色ですね。鮮やかな色とグレーの使い方が、さすがですね☆ yumiyaneさんの創作意欲を見習わなくては。
Commented by miriyun at 2009-10-10 10:04
季節に敏感な方はやはり創作をされる方ですね、つくづく感じます。
息子さんの泣き・笑い・・・情操豊かな育ちをされているからですよね。たくさん笑って人生を過ごされますように!
Commented by yumiyane at 2009-10-10 15:33
:anjuliさん、そうですか。笑っちゃいますね。ほんとに短い話ですが、つぼにはまりますよね。
マフラーとかストールとか、ワンポイントに使う色は、きれいなほうがいいかなあと思います。顔のまわりにくるので、イメージを大切に、誰にあげるかを想像しながら編んでいます。
三角ストールの毛糸は、実はひとつの種類の糸です。グラデュエーションになってるので、すごく複雑なことしてるように見えるのですが、案外簡単な編み方してるんですよ。私こそanjuliさんに刺激受けてますよーー。
Commented by yumiyane at 2009-10-10 15:38
:miriyunさん、こんにちは。miriyunさんこそ、イスラムの話題のなかに、さりげなく季節の移ろいを、とても美しい写真で語っていらっしゃいます。
ときどき、日本にいらっしゃるのか、イスラムの国々にいらっしゃるのか、わからなくなるときがあります。日本にいらっしゃるんですよね。

私も映画とかでよく泣くほうですが、息子ほどではないですよ。情操豊かで、且つ落ち着いた大人になってほしいものです。
Commented by irihinidefune at 2009-10-11 19:20
タイタニックの話。。実に面白いです。
映画館で、隣り合わせたカップルの男性が、途中から泣きだして、、
私はというと、そんな隣の男性を横目に
「どこで泣けばいいんだ…」と思っていたら
エンドロール。。
友人に後で話すと「あれで泣けない人は…鉄の女…」と言われたものです(笑)

それぞれ響く琴線は違いますからね
とはいえ私は、感動屋なのですぐ泣く性質です。
電車に乗ってても思い出し泣きをして、
自分でも困ったもんだと思う時もあります。
あ、すぐに泣きやむんですけどね。

編み物はできませんが、好きなことって終わりなく続けてしまいますね。

わたしは、仕事で煮詰まった日の夜はたいてい台所に立ってます。
深夜でも。。
これが私のリフレッシュかもしれません。
そして、ケーキなどがうまく焼けた日は、
またもう一個と、作ってしまいます。
誰が食べるのかはよくわかりませんが…^^楽しいのです。
Commented by yumiyane at 2009-10-11 19:41
:irihiniさん、こんにちは。泣かなかったのですね。隣で先に泣かれると泣けないってことあります。
これって、たとえばゴキブリを自分より怖がる人がいると、急に勇敢になってやっつけたり、それと近い?
私は糸に触れるのが好きなんだなあ、と思っていますが、irihiniさんは、粉を扱うのが好きなのかなあ。みんなそれぞれに好きなことを見つけられて幸せものですね。
きっと親が小さい頃に熱中させてくれたんですね。その熱中する心を育ててくれた親に感謝です。
irihiniさんのパンもケーキもプロ顔負けです。手に職がつきかけてますね。みんな喜んで食べると思いますよ。私も食べたい!です。


<< マフラーの完成      編み物教室 大泉学園 >>