にっと&かふぇ

knitcafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 08月 21日

ランチタイム

今日は特に何もないな、って思う日は、会社に編みものセットを持って行きます。
ランチタイムを1時間、と決めて、お弁当を食べたら編みはじめます。

ちなみに今日のお弁当はKINOKUNIYAで買いました。
d0117481_13342266.jpg

この京風のお弁当¥840、は大のお好みです。
先日ケンタッキーで、セットではなく、食べたいと思うものをあれやこれや買ったら800円くらいになって驚きました。それに値段的にはナチュラルハウスのお弁当ともいい勝負です。

今日はそれにコーヒーゼリープリンを付けました。それと、こんなものを見つけました。
d0117481_1341766.jpg

わが故郷島根のいちじくです。多岐という隣町で、以前からいちじくで名が通っていました。

それにもうひとつ、会社の後輩が、「静岡に帰りますがあれ、買ってきましょうか?」ということで頼みました。
d0117481_13425187.jpg

今日は豪華なお昼になりました。


さて、編み物は。
d0117481_13441259.jpg

夏の糸で作るスカーフです。

薄むらさき色のグラデュエーションの糸。
303目作って、真中を2段ごとに三目一度、両端を2段ごとに一目づつ減目していく編み方です。
d0117481_1346288.jpg

303目作ったときは、どうなることやら、と思いました。
編みはじめてなんとか形が見えてきたとき、415目くらい作れば良かったか?
なんて、
でも
夏だからそんなに大きくなくてもいいかなって。
電車の中でのあの冷たい風から自分を守るための、そんなスカーフになる予定です。

by yumiyane | 2009-08-21 13:49 | にっと(knit) | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://knitcafe.exblog.jp/tb/10128787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by anjuli at 2009-08-21 19:08
KINOKUNIYAのお弁当美味しそう^^ 私もこういうさっぱり系大好きです。売っているお弁当ってどうしても揚げ物中心のものが多いんですよね。デザート付でなんていいですね。お昼の時間の楽しみ方がyumiyaneさんらしくて素敵です。
編み物もいろんな種類があるんですね。どんな作品が出来上がるか楽しみです♪ 素材はコットンになるんですか?
Commented by miki3998 at 2009-08-21 21:08
島根のいちじく、興味ありです。私、いちじくには目がないんです。
たまに仕事で都内にでると、電車の冷房がきつく感じることがあります。こんなスカーフがあれば、サッと取り出して肩を冷やさなくてすみますね。出来上がりが楽しみです。一度お持ちの作品をずらーっと並べて見せていただきたいです。素敵な洋服や小物がたくさんあるんでしょうね。
Commented by yumiyane at 2009-08-21 23:47
:anjuliさん、KINOKUNIYAが近くて良かった、ってときどき思います。会社の帰りに息子の家や、友達の家に寄らなきゃいけなくて、何か買っていくとき、選択の余地があるのがいいです。このお弁当は数が少ないので、早く行かないとなくなります。コーヒーゼリープリンも最近ハマってるんですよ。
この糸はコットンではないんです、アクリルとレーヨンの混紡です。さらっとしていて編みやすいです。
Commented by yumiyane at 2009-08-21 23:52
:mikiさん、こんにちは。いちじくに目がないんですね。私もいちじく大好きです。KINOKUNIYAにもフレッシュなのもありましたが、島根の文字に惹かれました。今まで食べた中で一番おいしかったいちじくは、大きいとか高いのとかではなく、ふるさとの友達の家の庭に成っていたのや、父の実家の蔵のとなりの木に成っていたのとかです。mikiさんもそうではありませんか?それであれよりおいしいのがどこかにないか、って探してまわるのですが、あれ以上のはなかなかないんですよね。
編み物教室で作ったものは、あまり袖を通さず棚にしまってあって、見本のように使っています。もっともっとたくさん見本を作って、みなさんの作品づくりのヒントにしてもらいたいと思っているのです。
Commented by shinn-lily at 2009-08-22 06:24
やはり都内のお弁当は豪華ですね。
都会人好みにできています。

こちらは車で会社の前に売りにきます。500円で男性のお腹を満たすようなから揚げとかハンバーグやら、よく500円でつくるなというお弁当をみなこのんでいるようです。ご飯はほかほかです。

編み物、手を休めることなく続く・・・いつも次はって考えているのでしょう。
泉のように次々浮かぶって、素敵ですね。
Commented by hanamamann at 2009-08-22 09:19
無花果はドライになっているのですか?
当り前に食べていたものが、中々手に入らなくなると、見つけた時は感動物ですね。
近所のレストランにおいてあるチーズが故郷のものだとわかると、
急に親近感が湧いたりしてね。
Commented by yumiyane at 2009-08-22 22:36
:shinn-lilyさん、やはり紀伊国屋ですからね、セレクトされていますよ。
表参道の表も裏も、お店がどんどん変わっていきます。近所にあったお弁当屋さんは二つなくなりました。きっと家賃が払えないんだと思います。会社の若い子たちは遠くまで買いに行ってるみたいです。最近、会社でミニモールとかいう自動販売機を入れました。カップラーメンがすぐなくなっています。
Commented by yumiyane at 2009-08-22 23:04
:hanamamannさん、イチジクはすこしドライになっていますが、よくある固いのではなくプルーンみたいにしっとりしています。おいしいですよ。

出雲大社のお札が貼ってあったりするとね、どなたか同郷の方がいらっしゃるのかしら、なんて思ったりしますね。
故郷のものを見つけると、応援したくてすぐ買ってしまいます。
もうひとつ、KINOKUNIYAで、松江のお菓子で、堀川、というのがあるのですが、これもおいしいのでよく買いますよ。
Commented by miriyun at 2009-08-23 08:06
お弁当は揚げものが多かったりするとどうも苦手なのですが、このお弁当、おいしそう!野菜やお豆が中心で、ヘルシーです。炊き込みご飯もいい感じです。お仕事もこんなお弁当を持ってなら楽しそうです。
 ところで、↓ の記事のくうちゃんのお名前、立派なお名前だったんですね~!
正式名も、略称も、どっちもすてきです!!
 汎ヨーロッパ主義は、時を経てからEUに昇華されて行っていますのでたいしたものですね。リヒャルトさんも有名ですが、お母さんのミツコ・クーデンホーフカレルギー伯爵夫人がヨーロッパ貴族社会でよくぞ誇りを持って生きぬいた・・・と思っています。
Commented by yumiyane at 2009-08-24 00:00
:miriyunさん、そうですよね、揚げ物はてっとり早いですが、この煮物中心のお弁当、ていねいに作られている感があります。もう何個食べたか知れません。
リヒャルトの母が青山みつこさんだったことは、どこかの番組で知りました。ゲランの香水「ミツコ」はこの方がイメージモデルなんだそうです。
あの時代に果敢に異国で自分を見失わず生きた彼女を、大変誇りに思いますね。きっとリヒャルトにも受け継がれたのですね。
くうちゃんは捨て猫ですが、この名前をつけたらどことなく品が出ましたよ。親ばかです、ははは。


<< 夏祭り      くうちゃんだって >>